Alden Diary

【オールデン】バリーラストとはどんな形?特徴やサイズ選びのコツを解説!

Alden 990 pic

バリーラストの代表作であるオールデン990

 

オールデンには多くのラスト(木型)が存在します。ラストとは靴の原型となるいわば骨格のようなもので、靴のサイズやデザインを決定する重要な要素です。

今回ご紹介するバリーラストはオールデンで最も多く使われている基本のラスト。

オールデンはラストごとにサイズの選び方が大きく変わりますので、その基準としてまずはバリーラストの特徴やサイズ感を知っておきましょう。

最後にバリーラストを採用しているモデルも紹介しますので、参考にしてみてください!

 

バリーラストの特徴

プレーントゥを正面から比較した画像

左から「モディファイドラスト」「プラザラスト」「バリーラスト」を見比べてください

バリーラストの特徴は

  1. 幅が広く日本人向け
  2. ぼてっとしたボリューム感
  3. かかとが広く浅い

この3つを抑えておくとよいでしょう。それぞれ解説していきます!

幅が広く日本人向け

バリーラストは幅が広めの設計となっており、日本人向けのラストといわれています。

特につま先の部分が広くとってあることで開放感のある履き心地が実現。履いているうちに小指が擦れて靴擦れ・・・なんてことが起きにくいです。

 

ぼてっとしたボリューム感

バリーラストは幅広でくびれの少ない形のため、非常にボリューム感のある靴に仕上がります。

細いラストの靴と比べると違いは一目瞭然で、靴自体が大きく見えるほど存在感があります。(実際バリーラストは他のラストと比べてやや大きい作りになっています。)

スーツなどのビジネススタイルよりも、デニムやチノパンなどのカジュアルスタイルにマッチするラストです。

 

かかとが広く浅い

バリーラストはかかとが広く、また浅めに作られています。

大きいサイズだと歩くとかかとが抜けてしまう恐れがあるので、試着の際は必ずかかとのフィット感を確認してください

革靴は履きこめば足に馴染んできますが、かかとは例外。足の長さや幅が合っていてもかかとが抜けるようなら諦めて他のラストの靴を試すことをおすすめします。

 

バリーラストのサイズ選びのコツ

オールデン99289自撮り

サイズ選びは慎重に

バリーラストの靴を選ぶ際には気をつけるべき点があります。以下の2つのコツを知ってサイズ選びの参考にしてください。

ハーフサイズダウンの靴を選ぶ

バリーラストの靴を選ぶときの合言葉は「ハーフサイズダウン」です。たとえば普段27cm(9Inch)の靴を履いているならば、26.5cm(8.5Inch)を選ぶとフィット感のある履き心地になります。

とはいえ人によって足の形は違いますので、ハーフサイズダウンが当てはまらない場合もあります。あくまでも試着第一!実際に履いてみるのがサイズ選びの最も有効な手段です。

 

かかとのホールド感を確認

先にご説明した通りバリーラストはかかとが浅めです。試着の際はかかとのホールド感があるかを確かめましょう。

オールデンユーザーのブログなどを見ているとこのかかと抜けでオールデンの靴を手放す方が多いようです。サイズ選びの際は特に慎重に吟味しましょう。

 

バリーラストの履き心地

Alden 44508HC

バリーラストは履き心地も良いです。

 

バリーラストは全体的にゆったりとした作りなのでリラックスのある履き心地が魅力です。

幅が広いうえに土踏まずのくびれが小さいため締め付け感がなく、長時間履いていても足が疲れにくいメリットがあります。

仕事で一日中靴を履いている男性におすすめしたいラストです。

 

バリーラストを採用したモデル

バリーラストの特徴とサイズ感は理解して頂けましたか?ここからはオールデンでバリーラストが採用されているモデルをご紹介していきます。

990 プレーントゥ

Alden 990 from front

オールデン990 プレーントゥ

 

オールデン大定番の一足です。シンプルなプレーントゥですが、バリーラストのボリューム感と合わさることで独特な雰囲気をかもし出しています。

仕事で使う靴なら色違いのブラックコードバンを使用した9901がおすすめです。

※990についての過去の記事はこちら
オールデンの名作として名高い「990」の魅力を徹底的に解説します

※990と9901で迷っているなら下記の記事もチェック
「9901」オールデンの人気・万能アイテム9901 990と比較してみました!

 

975 ロングウィングチップ

975と9751の画像

左がオールデン975 ロングウィングチップ。右は色違いの9751です。

 

こちらも定番の一足。美しい装飾が魅力的なロングウィングチップです。

バリーラストはトゥが広い分装飾が映えますね。繊細な装飾とボリューム感のバランスが他の靴にはない面白さを生み出しています。

※975についての過去の記事はこちら
オールデン975とはどんな靴?魅力やコーディネートも紹介!

 

1339 チャッカブーツ

オンとオフで使えるチャッカブーツ

オールデン1339 チャッカブーツ

 

バリーラストはブーツにも採用されています。

無骨な印象のチャッカブーツにボリューム感のあるバリーラストが合わさることで、より男らしい印象に。

一方でコードバンが使われていることから大人っぽい艶めきも感じます。オールデンのチャッカブーツは大人の男性にこそ履いて頂きたいブーツです。

※1339についての過去の記事はこちら
オールデン1339とはどんな靴?魅力やコーディネートも紹介!

 

オールデンのバリーラストまとめ

Alden 9901 pic

オールデン9901とホワイトデニム。カジュアルにも使える万能さが魅力です。

 

オールデンのバリーラストの特徴やサイズ感、履き心地について解説しました。

バリーラストはオールデンの人気モデルである990にも使用されており、履き心地の良さとオン・オフ問わず使いやすい形が魅力です。

また、バリーラストはオールデンの基本となる定番のラストです。バリーラストでの自分のサイズを知っておくと、他のラストを検討する際の参考にもなりますよ。

それでは、また次の記事でお会いしましょう!

-Alden, Diary
-, , , , , , ,

Copyright© オールデンのコードバンが大好き by A shine and geek , 2021 All Rights Reserved.