Alden Diary

オールデンを修理するなら~凄腕の靴リペアショップシリーズ~《MrMartin マルマーティン》 世田谷 駒沢大学

こんにちは、うーちゃんです。お家時間の長い昨今ですが、皆様愛用のオールデンはこまめにお手入れ出来ていますか?革製品で注意したいのが湿度。乾燥すると油分が抜けてくるので補給してあげたり、逆に湿度の高くなってくるこれからの季節は湿気や結露によるダメージにも注意したいですね。さて、オールデンにトラブルがあったときに頼りにしたい『凄腕リペアショップ』シリーズ、今回は駒沢大学駅近くのお店をご紹介します。地域でも非常に信頼されている人気店なので是非チェックしてみてください。

レンガの内装がお洒落 地元で絶大な人気を誇る靴修理店『MrMartin マルマーティン』

『マルマーティン』は、2008年に駒沢大学駅エリアにオープンして以来、特に地域の人達に絶大な信頼と人気を誇る靴のリペアショップです。オーナーは清水正仁(Masato Shimizu)さん、マルマーティン(Mr Martin)とはオーナーの愛称から名付けられた店名で、レンガ仕立てのお洒落な壁とインテリアからはオーナーのセンスが伺えますね。勇気をだして「マ、マーティンさん」と声を掛けてみてはいかがでしょう。

 

MrMartin清水さんの画像

Mr Martinオーナー清水さん。静かな笑みの中に強い信念を見てとれる

※写真はMr Martin公式インスタグラムから

オーナーの清水さんはサルワカフットウェアカレッジで学んだ後、海外の靴事業に携わりました。その後、有名修理店である「UNION WORKS(ユニオンワークス)」での修行を経てこのお店を開店しました。店舗の奥が工房になっていて『縫い』から『磨き』まで豊富な経験をもとに修理を請け負ってもらえます。男性用の革靴は勿論、レディースや鞄、革小物にも対応しているとのことなので、まずは気軽に相談してみるのも良いでしょう。

またマルマーティンでは一人一人の足の形状を元にしたオーダーメイドのインソール作成も行っています。傷や削れといったトラブル以外にも、一度履き心地についての相談をしてみるというのも良いかもしれませんよ。

 

『Mr Martin マルマーティン』の基本情報

Mr Martinの店内画像

Mr Martin(マルマーティン)の店内はレンガ作り。オールデンとの相性も良さそうだ

※写真はMr Martinの公式サイトから

 

所在地:東京都世田谷区野沢2-27-2 山口ビルB1
電話番号:03-3413-3328
営業日:金~火曜日(水・木曜日定休)
営業時間:11001900
公式サイト

 

マルマーティンの最寄り駅は田園都市線『駒沢大学駅』で、駅東口から徒歩8分程の距離となります。お店は大通り(環状7号線)沿いにあるので、初めてでもほとんど迷わずに辿り着けるでしょう。駒沢大学駅エリアにはその名前の通り『駒沢大学』のキャンパスがあり、学生の多い街です。そのためコスパの良い飲食店が非常に多いのですが、実は愛好家の間ではグルメの街としても人気で、ランチ・ディナー共に良いお店が揃っています。

例えば駅西口からすぐのところにある『ナポリスタカ 駒沢店』は、本格的なピザ窯を有して本場ナポリのイタリアンが食べられると大人気のお店ですよ。

他にも駒沢大学駅には広大な『駒沢オリンピック公園』もあるので、休日など時間のある時に靴の修理と合わせてゆったり散策を楽しんでみるのも良いかもしれません。

マルマーティンは男性用革靴は勿論、レディースや革小物など幅広いリペアに対応しているので、ご夫婦で訪れてみるというのも素敵ですね。地域で絶大な信頼を誇るリペアショップ『マルマーティン』、機会があれば是非訪問してみてください。

【まとめ記事】この記事を読み終わった後に、オールデンの修理方法についての特集ページもご覧ください。オールデンの修理におすすめできるリペアショップのリストも掲載してあります。

オールデンを修理する方法には選択肢が三つある

-Alden, Diary
-

Copyright© オールデンのコードバンが大好き by A shine and geek , 2021 All Rights Reserved.