Diary Life Style

フィルソンのマッキーノクルーザージャケットはオールデンにもコーデできる

オールデンのコードバンが大好き by A shine and geek では、新たにモデル検索機能をリリースしました。オールデンの靴を調べる際にご活用ください。

Search Alden はこちらから

 

フィルソンを紹介

フィルソンのジャケットを紹介します。

 

最強のアウトドアウェア「フィルソン」のジャケットをご紹介したい

こんにちは!イギリス大好きライターanzuです!

一気に寒くなり、いよいよ冬本番という感じですね。

前回は「ルイスレザー(Lewis Leathers」のジャケットを紹介しましたが、今日ご紹介するのは、最強に(?!)温かいとされているアメリカのアウトドアブランド「フィルソン(FILSON)」の「マッキーノクルーザージャケット」です。

創立者の熱い思いと、創立時に歴史的なエピソードがあり、100年以上愛されている逸品。機能性抜群で、オールデンの靴とも相性がぴったり。真のクオリティを求める大人の男性に是非、着こなしていただきたい1枚なのです。(当ブログの管理人であるA shine and geek氏も着用しています!)

 

フィルソンのタグ

フィルソンの歴史を物語るタグです。

 

フィルソンの歴史

1897年、クロンダイク(カナダの地域ですがアメリカのアラスカ州と隣接している場所)で「金の採掘」というゴールドラッシュが起きると、何千人ものハンター達が金を目がけてシアトルに殺到し、北を目指しました。そこで、創設者CLINTON C.FILSONは、彼らのような採掘者や林業従事者、ハンター、釣り人が、厳しい自然環境の中で使用することを前提としたウェアやバッグを生産するアウトドア・クロージングメーカーとして「フィルソン(FILSON)」を設立したのです。

自身の工場を所有し、極寒の北部でも耐えうるマッキノーウールの衣類や毛布、ニット商品、ブーツ、靴、モカシン、寝袋を製造。顧客の声や要望に耳を傾け、商品の改良を繰り返し続けたFILSONは絶大な信頼を得るようになりました。

 

襟元の様子

生地の厚さが伝わるでしょうか?

 

フィルソンのこだわり

「どうせ持つなら最上のものを」- Might as well have the best -

 

これがフィルソン創業者CLINTON C.FILSONの言葉です。

ウールにおいては、原毛を刈り取ってから製品に仕上げるまで、今だに2年以上の歳月をかける頑固さで取り組んでいるそう。そのクオリティは、アメリカの森林警備隊、林業従事者、ハンター、冒険家など厳しい自然環境の中で活動する人々に愛され続け、アメリカ空軍・陸軍のスタッフ用としても一部使用されているそうです。

 

ジャケットを前から

マッキーノクルザージャケットの赤×黒

 

オールデンの靴に合わせたいフィルソンのオススメアイテム

バッグ、アウトドア小物、ハンティングウェア、フィッシングウェア、革財布など様々なアイテムを取り扱うフィルソンの中でも、私がご紹介したいのは、50万枚以上の販売記録を持つベストセラーアイテム「マッキーノクルーザージャケット」です。オールデンの靴や、オールデンのブーツにもしっくりと馴染むので着こなしの参考にしてください。

クルーザージャケット青

マッキーノクルザージャケットの青×黒

 

マッキーノクルーザージャケット(MACKINAW CRUISER

1914年に誕生したマッキーノクルーザージャケットは、100年以上愛され続けているフィルソンの象徴的なアイテム。

発売年の1914年には特許も取得し、50万枚以上の売り上げを記録。あまりの人気と認知度で、「森のタキシード」とも言われていたそうです。

素材は24オンス(年代により別のオンス生地も使われていました)のバージンマッキーノウール100%。保温性と撥水性抜群で、どのような天候条件でも快適な着心地の、ジャケットです。

同社の「TIN CLOTH FIELD JACKET」についての記事も合わせてご覧ください。

FILSONの「TIN CLOTH FIELD JACKET」を冬のオールデンにコーディネートする

 

24オンスの画像

これが24オンスの生地です。

 

素材・・・マッキーノウール

素材の「マッキーノウール」とは、米国とカナダ北西部に生きる少数群の羊の原毛の中から上質なウールのみを厳選し、独自の製法で織られた素材。最も重い(厚い)とされる24オンスの最上級の天然バージンウールです。

マッキーノウールジャケットは、その重量の30%の水分を含んでも快適でいられると言われているほど。とにかく保温性・耐風性・撥水性・耐久性・通気性、全てに優れた逸材なのです。フィルソンのヴァージンマッキノーウール100%の素材に勝るものは存在しないとも言われています。

Filsonのジャケットは重いのか?マッキーノクルーザーは寒いのか?

フィルソンのマッキーノって重くない?」と質問を受けることがありますが、前述の素材の特性上、軽さは犠牲にしなくてはならないと考えています。とは言っても"一般的な化学繊維"のジャケットよりは重い、という程度で普段レザージャケットなどを羽織っている方からすれば、肩の可動域も広いし、素材自体も柔らかいので不快に感じることはないと思います。

それでも心配な方へ・・・もし極寒地ではなく、街着として使うのであれば、あるいは乗り物に乗らず、長時間着用したまま歩くシーンを想定するのであれば、「ダブル」ではなく「シングル」を選べば良いと思います。記事を読み進めていくとフィルソンマッキーノクルーザーには「ダブル」と「シングル」の選択肢があることがわかるはずです。

デザイン・・・9つのポケットで収納力抜群

デザインはアウトドア、労働作業やハンティングなどを想定されたアイテムなので、ポケットが豊富で収納力抜群なところがポイント。

フロントにはフラップポケットが4つ、

フラップポケットが4つ

前からはフラップポケットが4つ見えます。

 

左胸にはスロッテッドパッチポケット、

左胸のポケット

左胸のポケットにはペンも入ります。

 

ハンドウォーマーポケットが2つ、

ハンドウォーマーの画像

ハンドウォーマーは極寒地での手を守ります。

 

ユーティリティ内ポケットが1つ、

左胸のポケット

左胸にはポケットが重なっている状態です。

 

そして背部には2重構造で両脇から物の出し入れができる、マップポケット。

背中のポケット

背中のポケットには狩りで捕まえた鳥などを収納できます。

 

合計9つものポケットを配されたウールジャケットはなかなかお目にかからないのではないでしょうか。背面のマップポケットは元来、ハンティング時に獲物の肉片や銃器などを入れて運ぶためにあるもの。大容量で、本やIpadなども入ってしまいます。まるで服に鞄がくっついているような感覚とも言えるでしょうか。

動きやすいように、ほどよいゆとりがあるので、ジャストサイズで着たい方はワンサイズ小さめを選ぶことをお勧めします。

120年以上も変わらない、機能美溢れる完成されたデザインでは着こなし次第でアウトドアだけではなくシティウェアとしても大活躍です。

 

バッファローチェック

タフガイの代名詞バッファローチェック

 

柄・・・アメリカンなバッファローチェック

無地のものもあるのですが、マッキーノウールジャケットといえばアメリカンなバッファローチェック。その名の通り、アメリカ・バッファローシティで狩猟時にハンター同士が獲物と間違えないよう、目立つチェック柄にした事から名付けられたそうです。

アメカジスタイルを代表するのチェック柄の一つで、90年代のストリートでも流行しました。黒のもう1色を組み合わせた、シンプルで大胆な2色の格子柄は、アメリカンな男らしさが溢れます。最近ではバッファローチェックに、綺麗めスラックスなどを合わせた「ミックススタイル」という着こなしも流行しているそう。ファッショニスタから密かに注目を集めているチェック柄なのです。

着こなしのコツとしては目立つ柄なので、他のアイテムをダークカラーにすること。それだけでワイルドさと品格を併せ持つ、魅力的な男のスタイルが完成です。

 

ダブルマッキーノジャケット

こちらはブルー。生地を二重に使ったモデルです。

 

袖口の写真

ダブルとシングルの袖部分の比較

 

写真にあるブルー×ブラックは「フィルソン ダブルマッキーノ クルーザージャケット(Filson Double Mackinaw Cruiser Jacket)」です。24オンスの生地を部分的に二重(ダブル)に使われているため、より防寒機能に優れます。しかし、街で長時間着ると少し重く感じるかも知れません。

 

フィルソン(FIlson)の店舗情報

フィルソンの店舗写真

ニューヨークにあるフィルソンの店舗

北米には多くの直営店と取扱店があり現地ならではの品揃えです。写真はニューヨークの店舗の外観です。

Filson USAの公式サイト

 

 

中目黒のフィルソンの画像

中目黒。目黒川沿いを散歩してプリンやフルーツサンドを買ったらフィルソンに寄ろう

また日本においてはナイジェル・ケーボン等も扱う「株式会社 OUTER LIMITS」が総代理店を務め、中目黒にFILSON TOKYO STOREを運営しています。同店のスタッフの皆さんは気さくで、またフィルソンブランドが提案する世界観を愛していて、彼らが中心となってヴィンテージワッペンを使ったカスタマイズイベントなどを頻繁に開催しています。その他にも日本各地にフィルソンの取扱店があります。

FILSON TOKYO STORE(中目黒)の公式サイト

 

 

最後に

ハンターの為に設立され、100年以上も厳しい大自然の中で着用するジャケットとして信頼され、愛され続けているマッキーノウールジャケット。ウールといえばイギリス、歴史があるブランドといえばイギリス、が多いように思えますがアメリカにはアメリカらしい文化と歴史があります。

イギリスがトラッド、クラシック、フォーマル、紳士的、または穏やかなカントリーだとするとアメリカはワイルド、タフ、カジュアル、ラフ、大胆、というようなイメージでしょうか。

重量の30%もの水分を含んでも快適さを保つことのできるマッキーノウールからはまさにアメリカらしいワイルドなタフさを感じます。9つものポケットを備えた機能性もまた、効率的なアメリカらしい。

顧客の要望に耳を傾けることに多くの時間を費やし、常に「最高」なものを改良し続けているFILSONの哲学は「確実に最高にベストであること」- Make sure it's the absolute best -

120年前に作られたものが、今でも愛され続けている、それは「快適・安全・耐久性」は決して流行遅れにはならないということを表しているのだと感じます。シティでもアウトドアでも、ヘビーユーズでガシガシ着込んでオールデンの靴と共に経年変化を楽しんでください。

同社の「TIN CLOTH FIELD JACKET」についての記事も合わせてご覧ください。

FILSONの「TIN CLOTH FIELD JACKET」を冬のオールデンにコーディネートする

 

-Diary, Life Style
-,

Copyright© オールデンのコードバンが大好き by A shine and geek , 2021 All Rights Reserved.