Alden Diary

オールデン54321を徹底分析!気になるエイジングやコーデも解説

こんにちは、オールデン愛好家ライターのヒロノです。

今回のテーマは言わずと知れたオールデンの名作「54321」。当ブログを愛読されているなら既にお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

世界中で愛される54321モデルの特徴やサイズ感、エイジング、コーデについてお話していきます。既にお持ちの方はおさらいとして、購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください!

Alden 54321

オールデンのコードバンV-Tip 54321を紹介します。

 

オールデン54321の基本データ

Alden 54321を横からみた画像

この54321はヒモが例外的で「平紐」仕様にしてあります。

54321の基本的な情報は以下の通りです。

英語での表記
Alden 54321 Dark Burgundy Shell Cordovan V-tip Blucher

日本語での表記
オールデン 54321 ダークバーガンディー コードバン Vチップ ブルーチャー

ラスト:モディファイドラスト
スタイル:Vチップ
革:シェルコードバン
カラー:ダークバーガンディー(カラーNo.8)
アウトソール:シングルレザーソール
ウェルト:270度フラットウェルト

 

Alden 54331

54331はブラックコードバンで作られたモデルです。

ちなみに、上の写真54331は色違いのブラックコードバンを使用したモデルです!

 

オールデン54321の特徴

まずは54321モデルの特徴をご紹介していきます!

モディファイドラスト

54321を正面から見た画像

正面から見てもモディファイドラストの特徴を見てとれます。

オールデン社がもともと矯正用の靴を作っていたことは有名な話。54321に採用されているモディファイドラストも、矯正靴から生み出された名作ラストです。

モディファイドラストの特徴は、

  • 幅広
  • アーチサポート(土踏まずのくびれ)

以上の2つに分けられます。

特に土踏まず部分のアーチサポートは履いてみるとすぐにその効果を実感できます。踏み込むとグッと土踏まずを押し込まれるような感覚があり、正常な歩行の姿勢をサポートしてくれるのです。

「イマイチ想像がしにくい・・・」という方は、ビルケンシュトックの履き心地をイメージしてみるといいでしょう。モディファイドラストの履き心地はビルケンシュトックのそれに近いとされていますよ。

Vチップ

先ほどご紹介したモディファイドラストに合うように作られたのが、Vチップと呼ばれるつま先のモカシン縫いです。VチップはUチップに改良を重ねて作られた発展型であり、今やオールデン社を代表するデザインとも言えます。

Uチップよりもシャープに作られているため、見た目の印象もドレッシーになります。そのためビジネスシーンで54321を愛用する方も多いです。

 

オールデン54321のサイズ感

Alden V-tip

こちらはシガーコードバン。モディファイドラストのV-Tipにも様々なモデルが存在します。

 

この記事の後に、レアなダークブラウンのコードバンVチップについても読んでください。

オールデン社 125周年を記念して作られたVチップ 54650

 

54321で使用されているモディファイドラストはオールデンの中でも幅広のラストです。そのため、足幅の広い日本人向けの靴と言えるでしょう。

つま先もゆとりを持って作られているため、足先が当たって痛みを感じるということも少ないはずです。

サイズの選び方としては足のサイズから-0.5センチしたサイズを選ぶことを公式が推奨していますが、それよりもかかとや土踏まずのフィット感、ホールド感などを基準に選ぶことをおすすめします。

 

オールデン54321のエイジング

54321のエイジングの様子

エイジングとはすなわち持ち主、育て主の個性だ。

革靴の楽しみ方といえば革のエイジング、すなわち経年変化ですよね。ここからは気になる54321のエイジングについてお話していきます。

色味の変化

ダークバーガンディーのコードバンで作られている54321は、履き始めは濃い赤茶色(ボルドーに近い色)をしています。履いている内に徐々に明るい色に経年変化していき、だんだんと赤みが目立つようになっていきますよ。

さらに、同じ54321でも一つひとつ微妙に色味が異なるのでオンリーワンの靴を育てる楽しみがあります。こまめにケアをする人、面倒くさがりの人など、育てる人によっても変化のスピードが変わるのも面白いところです。

革の輝きと履きシワ

コードバンレザーの醍醐味である美しい輝きは、愛情を注ぐほどに増していきます。ワックスやクリームを使って磨く方法もあれば、あえてそれらを使わずブラッシングだけに拘る方もいます。磨けば磨くほど輝きで応えてくれるコードバンは、履いたときの高揚感もひとしおです。

また、ダイナミックな履きシワも魅力的。履けば履くほどに立体的に、かつ味わい深くなっていきます。靴好きとしては、エイジングした靴を眺めるだけでワインが進む進む・・・!

 

オールデン54321のコーデ

Alden Vtip

世界中のコレクターが羨むモディファイドラストです。

比較的コーディネートに合わせやすく、オールラウンダー的立ち位置にいる54321Uチップよりもシャープな印象のVチップですが、トゥが細すぎないためカジュアルにも使えます

合わせ方に迷ったときには

  • スーツやジャケパンに合わせるビジネススタイル
  • デニムやチノパンと合わせるシンプルなカジュアルスタイル

このあたりがやはり王道的な着こなしになるかと思います。

ジャケットはブルックスブラザーズ、デニムはリーバイス・・・などアメリカらしい着こなしにこだわるのも通の楽しみ方ですね!

 

オールデン54321はマストバイの一足

54321を後ろから見た画像

270度フラットウェルト。コンパクトに設計されたヒール部。

今回はオールデンの不朽の名作、54321についてお話しました。

オールデンというブランドを象徴する54321には、矯正靴を生産していた歴史的背景があったのですね。こういうブランドストーリーを知ると、どんどんオールデンの沼にはまっていってしまいます。笑

ファーストオールデンの候補として975と比較されることもありますが、

  • プライベート中心で楽しみたいなら975
  • ビジネスでも使いたいなら54321

過去に投稿したオールデン975についての記事も併せてご覧ください。

オールデン975とはどんな靴?魅力やコーディネートも紹介!

 

というように選んでみてはいかがでしょうか?(そしてその後オールデンの魅力に取り憑かれること間違いなしです笑)

それでは、また!

-Alden, Diary
-,

Copyright© オールデンのコードバンが大好き by A shine and geek , 2021 All Rights Reserved.