Alden Diary

オールデンの名作として名高い「990」の魅力を徹底的に解説します

オールデンのコードバンが大好き by A shine and geek では、新たにモデル検索機能をリリースしました。オールデンの靴を調べる際にご活用ください。

Search Alden はこちらから

はじめまして。オールデン研究家のSumireです。当ブログ「オールデンのコードバンが好き by Shine and geek」に定期的に記事を上げながら少しずつオールデンを勉強していきたいです。今回は初の投稿ということで、まずはオールデンの大定番「オールデン 990 カラー8 コードバン プレーントゥ(Alden 990 Color 8 Shell Cordovan Plain Toe Blucher)」の魅力について語ります。

990は、履きやすさ・デザインともにまず1足目に揃えたいオールデンのモデルです。というか全ての男性が持つべき靴だと思います。トゥに装飾のないシンプルなデザイン、コードバン革の美しさを引き立てるダークバーガンディーの色味、アメリカのシューメーカーらしい武骨な印象を持っています。この記事では履く者を虜にする990の魅力を余すところなく丁寧にご紹介します。

Alden 990 from side

オールデン990ダークバーガンディーコードバン プレーントゥ

 

オールデン「990」の基本的なスペックをご覧ください。

ラスト:バリーラスト
スタイル:プレーントゥ
革:シェルコードバン
カラー:♯8 ダークバーガンディー
アウトソール:ダブルレザーソール
ウェルト:360度リバースウェルト

 

英語での表記
Alden 990 Color 8 Shell Cordovan Plain Toe Blucher

日本語での表記
オールデン 990 カラー8(ダークバーガンディー)コードバン プレーントゥ ブルーチャー

 

990の魅力をあらゆる角度から探る

紳士靴は複雑な構造をしており、形や色、革の種類によって靴の印象が変わってきます。990の魅力をあらゆる角度から探ります。

スタイル:クリッパーオックスフォード

スタイルはスタンダードなオックスフォード(短靴の原形になった紐付きの靴)です。その名は1665年頃のイギリスで、オックスフォードの大学生がブーツに反対して短靴を履くようになったことに由来しています。靴紐の部分は履き口が外に広がる「外羽根式」で履きやすく、調節しやすい造りです。羽根の部分からアッパーにかけての革の構造が帆船の帆に似ているせいか、クリッパーオックスフォードという名称がつけられています。(クリッパー:快速帆船)

 

トゥの仕様:プレーントゥ

つま先に縫い目や装飾のないシンプルなデザインをプレーントゥと呼びます。オーソドックスなタイプなので、カジュアルにもフォーマルにもなり得る万能なトゥです。甲の部分にコードバンならではのダイナミックかつ持ち主の個性が現れる履きジワを存分に楽しむことが出来るのも魅力です。トゥのシルエットはアメリカらしいずんぐりとした形をしています。

 

アッパーの革:ホーウィン社のシェルコードバン

高い品質の革を生産していることで世界的に有名なシカゴの「ホーウィン社」のシェルコードバンを使用しています。革の繊維が二枚貝に似ていること、または切り出した部位のシルエットが貝の形に似ていることから、シェル(貝殻)と称しているそうです。コードバンとは農耕用の馬の臀部(お尻)の革を指し、1頭の馬からわずかな面積しか取れないことから希少性・価格ともに高い部位です。また、農耕用の馬自体が減少傾向にあることも、さらに希少性に拍車をかけています。特に「シェルコードバン」はコードバンの中でも最も繊維密度が高い部分を使用しており、非常に丈夫でしなやかで弾力性に富んでいます。また、使い込んだときに現れる光沢は牛革にはない鈍い光沢を放ち、その風合いを楽しむことが何よりの醍醐味となるでしょう。

シェルコードバンについての記事も併せてご覧ください。

オールデンを語るなら老舗タンナー「ホーウィン社」のコードバンを語れ

 

カラー:#8 ダークバーガンディー

カラーは、コードバンの人気色で深いワインレッドの「ダークバーガンディー」です。ホーウィン社のシェルコードバンでは赤系の色味に偶数の番号が振られ、数字が大きくなるにつれ深い色味になっています。深い色合いのダークバーガンディーカラーが、ほど良い存在感を放ちます。

 

ラスト(木型):バリー

オールデンのラストの中では土踏まずの曲線が緩やかで、つま先は丸く包み込んでくれるようなラストです。バリーラストは日本人の足に合いやすいため、初心者でも安心して履くことが出来ます。オールデンに古くから存在するメジャーなラストで、もともとはビジネスマン向けに開発されたラストでした。

 

ソール:ダブルレザーソール

合成底ではなく革底なので、柔軟で高級感があります。オールデンのダブルレザーソールはシングルと比べてクッション性が高く、足への衝撃を吸収してくれるので立ち仕事の多いビジネスパーソンにも嬉しい特徴です。ダブルレザーは、見た目にも男らしく武骨な印象です。ヒールのかかと部分はくさび形の模様が入っており、ちらっと見える部分もおしゃれに仕上がっています。

 

底付け:グッドイヤーウェルテッド製法

アッパー(靴の上部)と靴底の縫い合わせは、アメリカで開発されたグッドイヤーウェルテッド製法を用いています。アウトソールのみの張り替えが出来るので、靴を修理しながら長く履き続けることが可能です。頑丈で重厚感の出る製法です。

 

Alden 990 from front

オールデン990ダークバーガンディーコードバン プレーントゥ

 

990の楽しみ方

990の魅力を楽しむ4つのポイントです。

①希少価値の高いコードバンを楽しむ

オールデンでは牛革の靴もありますが、やはり代名詞であるコードバンの靴を選びたいです。希少価値が高いので安定的に取り扱えるメーカーは少なく、コードバンの靴は必然的に高価になります。牛革にはない光沢を放つコードバンは厚みのわりに柔らかく、革にくるまれる心地よさ、磨いた時の独特な輝きを感じることができます。コードバンの表面は、繊維質を平らにしているので表面の繊維が次第に荒れてきます。毛足を整えるようにそれらをケアすることも楽しみ方のひとつです。

②履きジワや色落ちを楽しむ

コードバンは履きジワが大胆かつ美しく出ます。990はプレーントゥなので履きジワがしっかり分かり、革靴ならではの経年変化を存分に味わうことが出来ます。また深いワインレッドのダークバーガンディーカラーは、シューレース周辺や羽根の部分と、甲部分の色落ちのコントラストも楽しみです。履いて育てて、自分らしい靴になっていくことでしょう。

③デザインを楽しむ

誰もが「こんな靴がほしい」と思ってしまう990のデザインは、この靴がオールデンを代表する1足となっている所以です。ラストは定番であるバリーラストを採用し、縫い糸がしっかりと見える点や丸くてボリュームのあるトゥ、ダブルレザーのソールはカジュアル感と武骨さをプラスしてくれています。ウィンドショッピングをしているだけでショップスタッフさんから「あ、僕もオールデン好きなんです!」と話しかけられることも多いですよ。

④どんなシチュエーションでも活躍する1足

990は、どんなシチュエーションでも活躍できる1足です。スタンダードな形とカジュアルな意匠で、コーディネートを選ばずあらゆるスタイルに合わせることができます。スーツと合わせることで高級感を与え、カジュアルな服装と合わせるとアクセントになりスタイリッシュさを与えてくれます。

 

まとめ

オールデンのコードバンモデルで代表的な「990」は様々な場面で使え、また生涯を通して付き合っていける素晴らしい靴です。でも!この記事を読んでいる方は「9901 ブラックコードバン 」と迷っていませんか?私もその気持ち良く分かります。ということで、下の記事も書きました。

同型でブラックコードバンのモデル「9901」についての記事も併せてご覧ください。

「9901」オールデンの人気・万能アイテム9901 990と比較してみました!

 

※2020年12月26日、オールデン990の動画を追加しました。
【ビギナーは見てください】オールデン990の購入を考えている初心者必見

 

-Alden, Diary
-

Copyright© オールデンのコードバンが大好き by A shine and geek , 2021 All Rights Reserved.