Alden Diary

快適性とスタイルの融合:オールデンのプランテーションクレープソール特集

オールデンのクレープソール

こんにちは、うりちきです。

今回の記事では、オールデン特有の「プランテーションクレープソール」にスポットを当ててみます。

このソールの独特な魅力、メリットとデメリット、ケアの際の注意点、そして代表モデルまで幅広くご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

オールデンの革新と快適性:プランテーションクレープソールとは

Crepe sole

※写真はフィラデルフィアの老舗販売店「Sherman Brothers(シャーマンブラザーズ)」のサイトから

オールデン特有の「プランテーションクレープソール(プランテーションソール)」は、同ブランドが提供するソールの中でも際立った特徴を持ちます。

このソールの一番の特徴は、メインがクレープソールである一方、爪先部分だけがレザーソールで仕上げられている点です。

これにより、クレープソール固有の柔らかさとクッション性はそのままに、レザーソールが爪先の引っかかりを軽減、特に絨毯の上などの滑りやすい場所でも、つまずきにくくなっています。

快適性と機能性を追求するオールデンの姿勢を象徴するデザインと言えるでしょう。

また、このプランテーションソールは、タンカーブーツの「4545H」や、オールデン創業125周年を記念した特別モデル「オールデン54650」にも採用され、幅広いファン層から高い支持を受けています。

 

クレープソールの長所と短所

Crepe sole

オールデンのプランテーションソールを深く理解するためには、まず基盤となるクレープソールの特性を把握することが重要です。

クレープソールは天然ゴムを主原料とし、その独特の特性と履き心地で多くの靴愛好家を魅了しています。

ここでは、クレープソールについて長所と短所の両面から見ていきましょう。

長所

快適な履き心地

クレープソールの最大の魅力は、その履き心地の良さにあります。

天然ゴム特有の反発力とクッション性は、足の底面を優しくサポートします。

合成ゴムソールと比べても、長時間履いても疲れにくいのが大きな利点です。

休日使いに最適

カジュアルな見た目のクレープソールは、休日のラフなスタイリングに特にぴったりです。

デコボコとした質感が足元にリラックス感を加え、ジーンズやチノパンなどのカジュアルウェアとも相性抜群です。

 

短所

削れやすさ

天然ゴムのソールは合成ゴムと比べると耐久性に劣り、特に熱や摩擦によって削れやすくなります。

長く愛用するためには、定期的なメンテナンスが特に重要です。

汚れやすさ

高い摩擦力を持つクレープソールですが、ホコリや汚れを吸着しやすく、特に明るい色のソールは汚れが目立ちがちです。

しかし、この経年変化もクレープソールの特有の魅力といえるでしょう。

熱への弱さ

天然ゴムは熱に弱く、特に真夏のアスファルトなどの高温環境では、クレープソールが軟化してべたつきやすくなります。

歩行の感触に影響を与えたり、一層汚れやすくなるので、夏場の利用には注意が必要です​​

雨天時の滑りやすさ

乾燥した路面では優れたグリップ力を発揮するクレープソールも、雨に濡れると滑りやすくなります。

雨天時の使用には注意が必要です。

 

プランテーションソールの魅力と独自性

タンカーブーツの画像

オールデン4545H ブラックコードバンタンカーブーツ

クレープソールの特性を踏まえた上で、オールデンのプランテーションソールの魅力に焦点を当ててみましょう。

このソールは、独特のデザインと実用性で、幅広いファン層を魅了しています。

このソールの最大の特徴は、非常に快適な履き心地です。

天然ゴムを主素材に使用しているため、柔軟性とクッション性に優れ、革靴なのにまるでスニーカーのように快適とも評されます。

また非常に良質な素材なので、適切なケアと保管を行うことで、この履き心地は長期間にわたって維持されます。

プランテーションソールのもう一つの特徴は、つま先部分のみをレザーソールで仕上げていることです。

このデザインは、見た目の美しさだけでなく、機能的な目的も果たしています。

革の部分はクレープソールに接着され、さらに出し縫い糸と釘で固定されており、接着面の経年劣化による剥がれを防ぎます。

この革はつまずきの防止以外に、クレープソールの消耗を遅らせる効果もあり、歩行時の蹴り出しの感触もレザーソールに近いものとなります。

このユニークな組み合わせによって、プランテーションソールは唯一無二のソールといえるでしょう。

 

プランテーションソールのケア方法と注意点

オールデン54650のアウトソール

オールデン54650はクレープソール仕様です。

プランテーションソールの持つ魅力を長く保つためには、適切なケアが欠かせません。

特に注意すべきは、上の短所の項でも述べたように、天然ゴムソールが「熱」に非常に弱いという点です。

夏の高温環境下ではソールが溶けやすくなるため、長時間の直射日光や高温の場所での使用を避け、適切な環境で保管することが重要です。

日本の炎天下のアスファルトは、天然ゴムソールにとって特に厳しい環境といえますので、履くシーズンと場所には慎重になりましょう。

また、ゴム同士がくっつきやすい性質を持つため、長期保管する際には左右のソールを離しておく必要があります。

ゴムに優しいオイルやグリスを薄く塗ったり、ビニールなどを巻くと、くっつき防止になります。

さらに、天然ゴムは加水分解により劣化しやすいため、「水分」に対する注意も必要です。

湿気や水に長時間さらされるとゴムの劣化が進むので、きちんと乾燥させてから保管しましょう。

除湿剤や乾燥剤、靴用の保存袋の活用も効果的です。

 

プランテーションソールの交換時期

Crepe Sole

オールデンの靴を長く愛用するためには、プランテーションソールの交換時期を見極めることが重要です。

以下に、ソールの交換が必要になる主なサインを紹介します。

1. つま先のすり減り:

プランテーションソールは、つま先がレザーソール仕様です。

この部分が著しくすり減り、特に出し縫いの糸が切れている場合は、ソールの交換が必要です。

つま先のレザーソールの状態は、靴全体の耐久性に大きく影響するため、定期的なチェックが重要です。

2. ソール中心のすり減り:

ソール全体のすり減りにも注意が必要です。

中心部分を手で押して薄くなっているのが分かったり、穴が開いていればソールの交換時期です。

またヒール部分のみの減りであれば、部分的な継ぎ足しで修理できます。

3. ソールの劣化:

クレープソールの素材は、加水分解により劣化しやすい特性を持っています。

特に古くなるとゴムがベタつき、ゴミを吸着しやすくなるため、このような状態になった場合にもソール全体の交換が必要です。

ソールの交換時期は、そのすり減り方や内部素材の状態、およびソール自体の劣化度合いによって異なります。

定期的なチェックと適切なメンテナンスによって、オールデンの靴を最適な状態で長く愛用しましょう。

またソール交換を検討する際は、信頼できる専門のリペアショップでの相談をおすすめします。

 

プランテーションソールの修理実績があるリペアショップ

オールデンのプランテーションソールの修理は、その特殊な構造と素材のため、専門的な知識と高い技術を要します。

ここでは、オールデンのプランテーションソールの修理に定評のあるリペアショップを紹介します。

ラコタハウス

「ラコタハウス」はオールデンの日本総代理店で、純正のオールデンソールを使用したオールソール修理を提供しています。

プランテーションソールを含む、オールデンの幅広いラインナップの修理に対応しており、オリジナルの履き心地を保つためには最適な選択肢といえるでしょう。

ラコタハウス Repair Service

ユニオンワークス

大手リペアショップの「ユニオンワークス」も、オールデンの修理において高い評価を受けています。

プランテーションソールの修理実績も豊富で、さらに他のソールからプランテーションソールへの交換サービスも提供しています。

ユニオンワークスについて

Shoe Repair Gato

過去の記事で紹介した「Shoe Repair Gato」も、オールデンのプランテーションソール修理に実績があります。

埼玉県北浦和の店舗ですが郵送での修理も受け付けており、国内外から依頼の多い、特にオールソールに強いリペアショップです。

Gatoについて

 

オールデンプランテーションソールの代表的なモデル

最後に、オールデンのプランテーションソールを採用した代表的なモデルを紹介し、本記事を締めくくります。

これらのモデルは、プランテーションソールの特性を活かしたデザインと機能性で、その魅力を存分に体感できる靴です。

いずれも入手が困難なモデルではありますが、日常使いから特別なシーンまで、様々な場面でのスタイルを楽しむことができるでしょう。

タンカーブーツ「4545H

4545H」は、堅牢な作りとスタイリッシュな外観で知られるタンカーブーツです。

このモデルは、プランテーションソールとミリタリーラストを採用しており、抜群の履き心地を備えています。

カジュアルからフォーマルまで幅広いシーンで活躍する、多目的な一足といえるでしょう。

オールデンのコードバンタンカーブーツ誕生秘話 3つの特徴と3つの魅力

125周年記念モデル「オールデン54650

「オールデン54650」は、オールデンの125周年を記念して作られた特別モデルです。

このモデルは、コードバンとモディファイドラスト、プランテーションソールの組み合わせにより、快適性とスタイルを極めた一足といえます。

エレガントなデザインで特別な日にも相応しく、オールデンの伝統と革新が詰まった、コレクターアイテムとしても価値が高い貴重モデルです。

オールデン社 125周年を記念して作られたVチップ 54650

 

まとめ

本記事では、オールデンのプランテーションクレープソールの魅力を深掘りしました。

クレープソールの機能性を活かし、爪先部分にレザーソールを配した独特の設計は、歩行時の快適性を追求するオールデンらしい特徴です。

また、適切なケアとメンテナンスによって、長期的に愛用できることも、このソールの大きな利点です。

タンカーブーツ「4545H」や125周年記念モデル「オールデン54650」を含む代表モデルを通じて、プランテーションソールの特性を存分に体感していただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

-Alden, Diary
-

Copyright© オールデンのコードバンが大好き by A Shine And Geek , 2024 All Rights Reserved.